【22卒】就活備忘録① ーー6月編ーー

 

私の就活備忘録第一回目です。今回から私の就職活動の体験記を記載していきます。

https://www.riiworld.com/?p=1401)←前回の記事です。

今回は6月編です。

 

 

スポンサーリンク

6月 ー不安でいっぱい、何もわからなかった

 

スポンサーリンク

不安だらけなコロナ禍での就職活動

22卒の就活はコロナウイルス蔓延の影響により、不安なことだらけだったと思います。

4月、5月にと外出自粛期間が続き、多くの企業が大打撃を受けていました。本当にこのような状況で就職活動ができるのか、多くの企業が採用人数を大きく減らすのではないか。

私も例に漏れず、不安を抱えながら日々過ごしていました。

ただ、後になって考えるとこの不安が私に就職活動への原動力を与えてくれたのだと思います。

私は、22卒の就職活動はコロナウイルス蔓延の影響で厳しいであろうという考えのもと、早いうちから就職活動をスタートしようと考えていました。私にとっての早いうちは6月でした。漠然と、インターン解禁の6月あたりから頑張ればコロナ禍でも良い企業に入れるであろうと考えていたのです。

 

そして、6月になり、就職活動を頑張り始めようと決意します。

 

何がしたいのかわからない。とりあえずインターンに応募してみる。

私は、とりあえずどんな仕事があるのか調べることから始めました。

業界、職種は多岐にわたります。世間知らずな私は世の中にはこんなにも多くの業界、職種があることに驚きました。

 

こんなにもたくさんの業界、職種を知るなんて無理、てか調べても全然イメージわかない。

 

この時点で動きだしが6月では遅かったことに気づきます。インターンの募集が既に始まっているのにも関わらず、どこに応募するか迷う。そんなことでは、締め切りの早い企業を受けることが出来ません。

 

ただ、それを悔いても仕方ないし、とりあえず行動しなければ何も始まりません。情報系を専攻している私は、知識が活かせるであろうIT業界のインターンに応募してみることにします。

しかし、、IT業界はB to Bのがほとんどなので名前を耳にしたことがない企業ばかりなんですよね。

 

どこが良いのかわからん、、、

とりあえず聞いたことあるところでいいや

 

大手IT企業①、②、③に応募してみることにしました。

 

 

スポンサーリンク

うまく書けないエントリーシート

就職活動をする上で非常に重要なエントリーシート。

論理的な文章を書くことが出来るか、自分が人生の中で大切にしてきたこと、頑張ってきたこと、乗り越えてきたこと、学んできたこと、などなど、

自分の人生や人柄、スキルについて、企業に知ってもらうために書きます。

 

はじめはうまく書けないんですよね。どうすればうまく伝わるのか、自分が何を大切にしてきたのか。何十回も書き直しました。

私は、良いESを書くためには

1.慣れ

2.誰かに添削してもらうこと

が重要であると思います。(もちろんもっとたくさんの要素がありますが、、)

まずは、慣れること。多くの企業が似たような内容(志望動機、学生時代に頑張ったこと、自己PR、研究内容などなど)を聞いていきます。一度良い文章が仕上がったら、あとは使い回したり、内容を少し変化させるだけでOKです。また、ESを書いていくうちに、どんなことを書けば良いのかわかってきます。とにかく、たくさん書いてみて慣れることで良い文章が書けるようになると思います。

そして、自分以外の誰かに添削してもらうこと。文章を書いている本人は良く書けていると思っても、読んでいる人にとってはわかりにくい文章であることって意外とあります。客観的な視点から、文章を読んでもらい、わかりにくい部分を直したり、アドバイスをもらったりすることで良いESになると思います。ちなみに、私は両親に添削してもらっていました。社会人に添削してもらうと、企業目線でのアドバイスをもらえます。

 

ESは何回も書き直して、少しずつ積み重ねていくうちに、良い文章ができあがります。はじめは苦労しましたが、秋冬には、良いESをすぐに書くことが出来るようになっていました。

 

WEBテストって何?

インターン初応募。大手IT企業①、②にエントリーする時のことです。

エントリー要件を見ると、

  

■エントリーについて

エントリーにはWEBテストの受検およびエントリーシート提出が必要になります

  

 

との記載が。

WEBテストって何?

エントリーシート出して面接受ければインターン参加できるんじゃないの?

でも、締め切りもうすぐだからとりあえず受けるしかない。

 

そんな甘い気持ちでテストを受けてみたものの、、、撃沈。

大手IT企業①、②の選考にあえなく落ちてしまいます。。。

ただ、WEBテストがどんなものなのかわかった私は、対策をしました。

 

WEBテは対策本で勉強することと、慣れですね。

何回もこなすうちに解けるようになっていきました。

また、性格検査に関しては、ありのまま、自分の思ったとおりに選択しました。

 

IT企業①、②より少し締め切りの遅かったIT企業③のWEBテにはある程度勉強した状態で臨むことが出来ました。

そして、大手IT企業③の書類選考には合格!!!面接を受けるチャンスを頂くことが出来ました。

 

面接は7月。面接について下調べや練習をして、準備を整えていきます。

 

 

6月編 まとめ

何もわからなかった6月。失敗もたくさんしましたが、少しずつ前に進んで行けていることを実感していました。今考えると、もう少し早く動き出して、ESやWEBテ対策、企業研究をしておけば、IT企業①、②の選考にも合格できたのかなと思います。

ですが、自分なりにその時やるべきであると思ったことを頑張っていたので、そこそこ良いスタートを切ることが出来た6月でした。

スポンサーリンク

就職活動

Posted by RiI