サンフランシスコといえばここ!! 世界で最も写真を撮られた橋 ゴールデン・ゲート・ブリッジ

アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコの人気観光地として名高いゴールデン・ゲート・ブリッジ。

今回は、そんなサンフランシスコのランドーマークともいえるゴールデンゲートブリッジについて簡単に紹介します!!

スポンサーリンク

ゴールデン・ゲート・ブリッジとは

アルカトラズ島から見えるゴールデン・ゲート・ブリッジ

ゴールデン・ゲート・ブリッジはサンフランシスコ湾と太平洋が交わるゴールデンゲート海峡にかかる吊り橋です。1933年に建設が始まり、1937年に完成しました。橋はインターナショナル・オレンジと言われる鮮やかな朱色で塗装されており、サンフランシスコの海に映えています。また、その美しさから世界で最も写真を撮られた橋とも言われています。

スポンサーリンク

ゴールデン・ゲート・ブリッジの大きさ

写真からも大きさが伝わってくるゴールデン・ゲート・ブリッジ。

その全長は2737m、橋の支柱の海面からの高さは227mと圧倒的なスケールです!

歩いて渡れます。

全長もすごいですが、吊り橋を長さ順に並べるとき、一般的に最大支間長を使うらしいです。ゴールデン・ゲート・ブリッジの支間長(橋脚と橋脚の距離)は1280mで世界第15位です。なお、1937年~1964年では支間長において世界一を誇っていました。支間長が世界一であった期間が27年というのは、史上最も長い期間だそうです。

ちなみに、姉妹橋となっている瀬戸大橋は最大支間長1100m、高さ(主塔)194mとなっています。

何度も言いますが、ゴールデン・ゲート・ブリッジ、すごいスケールです。

スポンサーリンク

ゴールデン・ゲート・ブリッジの歴史

ゴールデン・ゲート・ブリッジがなかった頃、サンフランシスコにはゴールデンゲート海峡を挟んで逆側の海岸へ通勤する人々は、長時間かけてフェリーで通勤していました。そんな大変な通勤状況を改善するため、ゴールデンゲート海峡を渡す橋の建設が提案されます。

しかし、サンフランシスコ湾は、海流の流れが速い、強風と霧が発生することが多いといった環境から、2km以上にもなる橋を架けるのは不可能と言われていました。

そんな中、建築家たちは自然との調和や、霧の多いサンフランシスコ湾での視認性を考慮してインターナショナルオレンジの吊り橋を作ることにしました。そして、1933年に着工します。強風や霧により、大変な作業となりますが、1937年に完成しました。

現在では一日の交通量が約11万台にもなり、サンフランシスコの住民にとって非常に重要な橋であることがわかります。

まとめ

今回は、サンフランシスコのランドマーク、ゴールデン・ゲート・ブリッジについて簡単に紹介しました。

そのスケールの大きさ、海に映える美しさは一見の価値ありです。

そんな美しいゴールデン・ゲート・ブリッジに是非足を運んでみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
スポンサーリンク